【帝国ホテル】上品な味わいのアップルパイ【東京】

アップルパイ名店探訪記

歴史あるホテルには、そのホテルとともに歩んできたアップルパイがあります。日本を代表する帝国ホテルもその例にもれず、長年愛されてきたアップルパイがあるのです。

今回、東京の帝国ホテルを訪れる機会があり、アップルパイを食べてきました。どんなアップルパイだったでしょうか?お伝えします。

スポンサーリンク

帝国ホテルのアップルパイとは?

帝国ホテルは1890年に開業した日本の御三家ホテルのひとつとされ、誰もが一度は泊まりたいと思う憧れのホテルでしょう。東京・大阪・上高地にホテルがあり、全てのサービスが上質で訪れた者を感動させるホテルとしても有名です。

帝国ホテル東京の入口
帝国ホテル東京

では、この帝国ホテルのアップルパイはどのようなものでしょうか?見た目、味などレビューしたいと思います。

カジュアルレストラン パークサイドダイナーにてアップルパイを楽しむ

帝国ホテル東京ではアップルパイは、ホテルショップ「ガルガンチュア」で販売されています。また、ホテル内のレストラン「カジュアルレストラン パークサイドダイナー」にて、席でゆっくりと味わうこともできます。

パークサイドダイナーの入口
パークサイドダイナー入口

今回は「カジュアルレストラン パークサイドダイナー」で帝国ホテルのアップルパイを楽しんできました。

アップルパイの値段

このレストランではアップルパイは1,000円(税込・サービス料別。以下同)で提供されています。
バニラアイス付きのパイアラモードはプラス400円です。
アップルパイとバニラアイスの組み合わせは鉄板ですよね。

アップルパイの見た目

せっかくなので、パイアラモードでアップルパイを注文しました。
出てきたアップルパイがこちら。

帝国ホテルのアップルパイ
帝国ホテルのアップルパイ(パイアラモード)

幾何学的な網目模様のパイ生地の上に赤スグリがちょこんとのっていて、上品な貴婦人のようなたたずまいです。
バターの良い香りが鼻をくすぐります。

アップルパイの味は?

ではパクリと。
パリパリといい音を立てるパイ生地が、食感が良くとても美味しい。

あふれでるアップルフィリングは、甘すぎず酸味も程よく、これも良い感じ。
リンゴは少しシャキシャキ感が残っているでしょうか。
シナモンは強くありません。

厳選した材料だけを用いて余計なものは使わず、丁寧に作られているのが分かります。
見た目と同様、上品な味わいです。

ミルクを入れた香りが良い紅茶を飲みながら、ゆったりとそしてじっくりと味わう。
さすが帝国ホテルのアップルパイです。
そんなぜいたくな時間におすすめでしょう。

帝国ホテルのアップルパイは上品さが漂う

見た目から味、全てにおいて帝国ホテルのアップパイは「上品」という言葉に集約されます。
昔から上流階級の社交場として使われてきた、そんな帝国ホテルの歴史も影響しているのでしょう。
他のアップルパイとは一線を画すものです。

ホテル内ショップで購入する場合は、9cm700円、16㎝2,400円、18㎝3,700円(税込)。
賞味期限は製造日より2日です。

パークサイドダイナー - 帝国ホテル 東京/オールデイダイニング [一休.comレストラン]
格式あるサービスはそのまま、唯一無二のカジュアルダイナー。早朝から深夜までご利用いただけるオールデイダイニング。店内は、みゆき通りに面した窓から光が差し込む、明るく開放的な空間です。広くゆったりとしたベンチシート、窓側のラウンドシートなど、お客様が思い思いにお楽しみいただける、帝国ホテル流ダイナースタイルを追求しました...

コメント